専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金制度について 

教育訓練給付制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。給付金の対象となる教育訓練は、そのレベル等に応じて、専門実践教育訓練、特定一般教育訓練、一般教育訓練の3種類があります。

只今、当学院の理学療法学科は令和4年4月1日からの専門実践教育訓練講座の講座指定の申請行っております。申請が認められましたら当学院のホームページ上にてご案内させて頂きます。また、厚生労働省ホームページにおいても公表されます。

【参考】

「教育訓練給付金」制度により給付を受けた場合、軽減される学費

R4年度入学者の場合 

 

受講(入学)者が支払う学費(※)

(入学金+授業料)

支給額

(50%:上限年間40万円)

実際に負担となる学費
1年

1,020,000円

 (入学金290,000円

 +授業料730,000円)

400,000 620,000
2年 730,000円 365,000 365,000
3年 730,000円 365,000 365,000
合計 2,480,000円 1,130,000 1,350,000

さらに追加支給 最大で70% (3年過程で最大168万円)

 

教育訓練支援給付金について

専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給できる方のうち、受講開始時に45歳未満で離職しているなど、一定の条件を満たす場合には、訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。

「専門実践教育訓練給付金」および「教育訓練支援給付金」の詳細につきましては以下のリンクをご参照下さい。

①厚生労働省ホームページ

②ハローワークインターネットサービス

 詳しくは最寄りのハローワークへお問い合わせ下さい。

 
このページの先頭へ