教職員紹介

教職員紹介

 教職員紹介

学院長(院長)  今井 常夫
副学院長(副院長)  小川 賢二
事務長(事務部長)  石塚 悌市
 理学療法学科 教育主事  近藤 登
作業療法学科 教育主事  輿 登貴子
 理学療法学科 専任教員  深谷 真知子
伊藤 剛 
 中村 敦子
 嵯峨 守人
川瀨 翔太
併任教員  中川 誠
 作業療法学科 専任教員 水野 準也 
梅田 雄嗣
 山田 剛史
八代 望
塩谷 絵梨
併任教員  藤部 百代
健康管理医(第一呼吸器内科医長)  山田 憲隆
事務主任(庶務班長)  小林 幸生
事務助手  畑中 圭子

 ( )内は東名古屋病院職名

 

教員紹介

理学療法学科 教員 中村敦子

理学療法学科教員の中村と申します。私は当学院卒業後、国立療養所金沢若松病院、国立病院機構(以下、NHO)金沢医療センター、NHO東名古屋病院にて理学療法士として勤務した後に、本年度より当学院へ赴任して参りました。病院勤務中は脳血管障害、整形外科疾患、神経難病、内部障害、がんなど、様々な疾患の患者様と関わらせて頂いておりました。今後、皆さんが理学療法士として社会へ出て働く際に必要な知識を、臨床での経験なども踏まえながら、勉強面だけでなく、生活面、精神面など多方面からお手伝いをさせて頂きたいと思っております。

作業療法学科 教員 塩谷絵梨

作業療法学科教員の塩谷と申します。私は当学院卒業後、国立長寿医療研究センター、NHO東名古屋病院を経て今年度当学院へ異動して参りました。病院では認知機能障害や脳血管疾患、整形疾患の患者さんを中心にリハビリテーションを行い、患者さんが持っている能力を最大限に活用して笑顔で退院する姿をみることが大好きでした。教員になり学院に戻ってきたことに懐かしさを感じながら、学生の頃に見えなかったサポートの厚さに驚いています。卒業する頃には人の役に立てるような作業療法士になれるよう全力でサポートしますので一緒に学んでいけたらと思います。

理学療法学科 教員 伊藤剛

理学療法学科第1学年担任の伊藤と申します。1年生は高校卒業後入学した学生、大学、社会人を経て入学した学生、東北、関東、中国地方出身で下宿生活を新たに始めた学生もおり様々です。当初は生活、学習環境の違いに戸惑いもありましたが、最近は生活や授業に慣れてきました。6月に白衣を着て初めてNHO東名古屋病院でのリハビリテーションを見学し、とても緊張した様子でしたが、理学療法士の魅力を改めて学ぶ機会となりました。定期試験、夏休み前セミナーなど忙しかった前期も終わり、9月から後期を迎えます。今後も学生生活を通じて知識、技術、人間性を身につけ、立派な理学療法士になれるよう全力でサポートしたいと思います。

作業療法学科 教員 山田剛史

作業療法学科第1学年担任の山田と申します。私は当学院卒業後、NHO石川病院、NHO東名古屋病院を経て本年度より当学院に赴任しております。臨床では神経難病やがんのリハビリテーションに取り組んで参りました。1年生は今後の学習の基礎となる科目の履修を通し、知識面の向上とともに、グループワーク・口頭試問など、臨床で働くようになってからも必要な「チームとして活動する」「わかりやすく説明する」といったことについて、実際に体験し学んでいます。聞き慣れない専門用語や英語が多いこともあり、学習への取り組み方に迷うこともあるようですので、解決策が見つかるよう個別面談などを実施しています。

 
このページの先頭へ